脱毛と異性の視線

脱毛と異性の視線

電車などに乗っている時に、同性の方の腕などを見てしまいます。吊革につかまっている時も指の毛や腕の毛などしっかり手入れしているのかを確認してしまうんですよね。そこを気にする人は少なくないと思いますが、気にするからこそ自分もしっかり手入れしておこうと思ってしまうんです。手入れしていない状態で完全に伸び切っている人をみると”女性をすてた”と思ってしまったりもします。本ページではムダ毛と人の視線について書いていきたいと思います。

異性の視線

異性の視線ってかなり気にしてしまいます。どのような時に気になっているのかをまとめてみました。

◆電車
電車に乗っているとき、特に夏場はかなり気にします。吊革につかまっていると視線が違いですし、その視線がどこに向かっているかを確認できてしまいます。自分の腕の方に視線が向いている場合は、その視線が私を見ているんじゃないか?と思ってしまいます。自分を見ていると思うと、自分の腕や手にムダ毛がないか、なぜが緊張感の中で自分チェックを始めてしまう自分がいます。

◆食事中
食事前はかなり気を使いますね。っと言うのも、食事をしている時は約3時間ぐらいの間、ずっと近距離にいます。もしも自分の腕や手に毛が生えている場合は、それをずっとみられているような気がしてなりません。なので、異性との食事をする場合には事前にかなりムダ毛がないかをチェックしています。

◆気になる人と
気になっている人と会う時にはかなり気にしますね。IOは勿論ですが、最近一番気にしているのは背中です。背中の毛は普段鏡でも見えない部分なので、鏡を2つ使って確認するようにしています。ただ、背中は剃刀など届かない部分でもありますのでそこは脱毛サロンに行って処理をするようにしています。男性の方でもムダ毛がちらかっている状態で嫌だと感じる人も多いようですし、私も自分で気になってしまうので処理はするようにしています。

普段の意識が大事

普段、意識をしていてもたまにムダ毛がはみ出してしまうケースがあります。ただ、それは稀な事で普段から自分をチェックしてムダ毛がないかを気にしているとこまで伸びてしまったりはしないと思います。特に鼻毛は出ている場合は男女問わずイメージが付きまといますので、そのあたりはしっかりチェックしておいた方が良いと思います。大切な人、異性やビジネスの場でもムダ毛はしっかりと手入れをしておいた方が良いと思います。